一言で言えばヴァヤケル・ペクデイ

モーセはイスラエルの人々を集め 、彼らに安息日を守る戒めを繰り返します 。 彼はその後、 ミシュカン (幕屋)の製作に関するG-dの指示を伝えます。 人々は必要な材料を豊富に寄付し 、金、銀、銅をもたらします。 青、紫、赤染めのウール; ヤギの毛、紡績リネン、動物の皮、木、オリーブオイル、ハーブ、宝石。 モーセは彼らに与えるのやめるように言わなければなりません。

心のこもった職人のチームがミシュカンとその調度品を作ります(以前のトーラーのテルマ 、テツァーベ、キティサの読書で詳述されているように)。 48個の金メッキ壁パネルと100個の銀製の基礎ソケット。 サンクチュアリの2つの部屋を隔てるパロシェベール )と、その前にあるマサックスクリーン )。 箱舟とそのケルビムの覆い。 テーブルとそのショーブレッド 。 特別に準備されたオイルを含む7枝の本枝の燭台 。 金の祭壇とその上で焼かれた 。 塗油 焼いた供え物とそのすべての道具のための屋外の祭壇。 中庭の吊り下げ、支柱、および基礎ソケット。 銅鏡で作られた洗面器と台座。

会計は、ミシュカンを作るために人々から寄付された金、銀、銅でできています。 Betzalel、Aholiav、およびそのアシスタントは、 テザベのパーシャでモーセに伝えられた仕様に従って、 エポッド 、胸当て、マント、冠、ターバン、チュニック、サッシ、ブリーチの8つの司祭服 を作ります。

ミシュカンは完成し、そのすべての構成要素がモーゼスに運ばれ、 モーゼスはそれを立てて聖なる油を塗って、 アーロンと彼の4人の息子を神権に入れます。 ミシュカンの上にが現れ、その中に住むようになった神の存在を示しています。

推奨されます

リボノシェルオロム
2019
一言で言えば
2019
//w3.chabad.org/media/images/857/guNT8573571.jpg"">
ハヌカの物語
2019