一言で言えばロッシュ・ハシャナ・トーラーの朗読

1日目:

G‑d サラを思い出し 、彼女とアブラハムに息子を与えます。息子はイサク(イツチャク)と呼ばれ、 「笑う」という意味です。 アブラハムは100歳、サラは90歳です。 アイザックは8日の年齢で割礼されます。

ハガルとイシュマエルはアブラハムの家から追放され、砂漠をさまよいます。 G‑dは、死にかけている若者の叫び声を聞き、母親に井戸を見せて命を救います 。 ペリシテの王アビメレクは、 ベエル・シバでアブラハムと条約を結びます。

2日目:

G‑dは、 エルサレムのモリア山(神殿の丘)で息子を犠牲にするようアブラハムに命じます。 イサクは祭壇に縛られて置かれ、アブラハムは息子を虐殺するためにナイフを上げます。 天からの声が彼を止めるように呼びかけ、それは試練だと言った。 イサクの代わりに、そのによって下草に引っかかった雄羊が提供されます。

推奨されます

ハヌカとは何ですか?
2019
ユダヤ人を改宗させるユダヤ人はいますか?
2019
イシュマエル:アブラハムのもう一人の息子
2019